05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

さんごる母のひとり言

英国ゴールデンのアンジーと始めたわんことの共生。アンジーは13年5月にお空に行ってしまったけど、12歳のパティ、9歳のヴィヴィ、6歳のミニチュアプードルふぇるも、ボーダーコリーのぷろきおん と、にぎやかな我が家に今度はまたまた英ごるのパルマが仲間入り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

3月17日(木)あと9m 

あと9m
震災で、東京タワーは先端が曲がったらしいけど、未完成のこちらはどうやら無傷。でも、上の方で作業してた人は怖かっただろうね。今日仕事の帰りに高さの表示を見たら625m、完成の634mまであと9m。


震災のあと、変わった事。

パパの帰りが毎日早いこと。
パパと私はどちらも職場が近くて自転車通勤だから、計画停電による交通機関の乱れの影響は受けずに通勤できているけれど、同僚のほとんどの人は電車通勤なので毎日大変な思いをして通勤している。帰りもいつ電車が止まるか分からないので皆早く帰る。

いろいろなものが手に入りにくくなっている。
ガソリンをはじめ、お米・牛乳・パン・ティッシュ・トイレットペーパー・電池・・・・
私は毎朝仕事に行く途中にスーパーによっていくようになった。
職場近くの24時間営業のスーパー、一昨日は食パンが買えたし昨日は牛乳が買えた。
今日は帰りに寄った別のスーパーで卵。
電池やカセットガスはどこにもないけれど、食料品は毎日少しでも補充されるので、売り場に出るタイミングとあえば結構手に入る。
トイレットペーパーやティッシュペーパー(ペットシーツ)は普段から買いだめしておくたちだったので今回はあわてずにすんでいる。『断捨離』を読んで、このストック癖を少し改めようかと思っていたところだったのだけど、こんなことがあると「やっぱり私は間違ってなかったのかも」なんて思ってしまう。

町が暗くなったこと。
住んでいる地域は計画停電のグループに今のところ入っていないので停電はないのだけど、節電のために町のあちこちが暗くなっている。スーパーの照明も一列おきに消してあったり、陳列ケースの照明も消してあったり。
街中も(日没後)やけに暗いと思ったら、自動販売機も照明を落としたりしていた。↓↓↓
節電
半分節電!
普段意識してなかったけど、あちこちにある自販機がけっこう町を明るくしていたのね。
節電でも暗く感じるのだから、停電になったらどんなにか大変だろうと思いました。

家の鍵を持ち歩くようになったこと。
電子錠なので暗証番号で開けていたから、ここ10年家の鍵を持ち歩く習慣がなかった。
でも、もし停電したら電子錠は効かないので鍵がないと開かなくなってしまう。
犬が中にいるのに鍵が開けられなかったら大変なので、鍵を持ち歩くようになった。
(ず~っとしまいこんでいたので、探してしまいました)


地震の揺れに慣れてきてしまっていること。
毎日震度3ぐらいの余震があるので、揺れても「あ、また・・」とあまり騒がなくなってしまった。
反面、なんだかしょっちゅう体が揺れているような気がしてしまう。
「もう眩暈も地震も区別がつかなくなった」なんて冗談も職場で言い合っている。


本当に被災した地域の方々や、原発の近くから避難している方々のことを思えば私の感じている不安や不便なんて全く微々たるもの!



スポンサーサイト

category: 震災

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

Poodle時計(Red)

today's words

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。