03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

さんごる母のひとり言

英国ゴールデンのアンジーと始めたわんことの共生。アンジーは13年5月にお空に行ってしまったけど、12歳のパティ、9歳のヴィヴィ、6歳のミニチュアプードルふぇるも、ボーダーコリーのぷろきおん と、にぎやかな我が家に今度はまたまた英ごるのパルマが仲間入り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

4月29日(水)昭和の日 

お、おまえ、何やつ?
昨日は秋ヶ瀬でOPDESのアジでした。
TTをまだ受けていないヴィヴィとパパは今回もノービス1と2。

低いハードルで、簡単なコースながら、テンションよく気持ちよく走れたパパはいたってご機嫌
風邪引いててひどい声なのでちゃんと走れるのか私は心配してたんだけど、ヴィヴィがとてもまじめに走ったのでかなり嬉しかったみたい。
では、そんなパパとヴィヴィの走りを・・・・
まずはノービス1。
090429ヴィヴィN1

次はノービス2。
090429ヴィヴィN2

この動画はピコのおかんさんからいただきました。いっつもありがとね。

私とパティのコンビはというと、今回から3度に出れるのでAG3とSTP。

STPは何とか完走(CR)。
AG3は・・・最後のダブルバーの奥の1本を落として1ミス
③pattySTP

AG3はアップロード量が足りなくなってしまったので今回はアップできませ~ん。

秋が瀬はうちからも40分ぐらいと近いけど、クラブのお友だちはもっと近くの人がたくさんいるので、競技会に出ていないお友達もよく遊びに来ます。昨日も差し入れを持って応援に駆けつけてくれたLもんこちゃんパパとママ、K林くん。ごちそうさまでした。

ふぇるもだよ~ん

スポンサーサイト

category: アジリティ

cm 0   tb 0   page top

4月26日(日)いいお天気! 

るんるんるん♪
昨日雨で流れた練習、今日のクラスに入れていただいた。
ヴィヴィは1時から。今日は妙にテンションが良くてパパも私も先生もびっくり。
いつもとあまりに速度が違うのでパパが追いつかない場面も。。。
パパとヴィヴィ

パティは3時からのクラスに。この頃には随分風が強くなってきた。ハードルをペグで留めたりしてシーケンス練習。シーケンスだからと55cmのハードルでやったせいか、パティもそこそこのスピードで走れて私もハンドリングを楽しめました。
パティのシーケンス練習

その間にパパはこんな収穫を・・・・
たっけのっこほった~
新鮮なうちにと、今日の夕飯にさっそくいただきました
おいしく煮えました。

category: アジ練

cm 0   tb 0   page top

4月25日(土) トリミン・ん?ん?んぐっ? 

どうでしゅか?
今日は練習の予定だったけど、予報どおりの大雨で中止。
朝からのんびりだったけど、ばっちくなっていたふぇるもをシャンプーすることにした。
相変わらずお湯をかけるとほっそりとした別の犬に変身。
いつもその姿を写真に撮りたいと思うんだけど近くにカメラを用意するのをつい忘れてて今回も『パス』
ごるより小さいのでシャンプーは楽チン

ドライヤーをかけながら、「ちょこっとだけカットしてみるか?」
で、はさみを持ったら『ちょこっと』が『けっこう』になってしまって・・・
やっぱりこの角度かしらっ?
カットしたのは主に顔周り。前にトリミングに出した時に気に入らなかった頭のてっぺんを大胆にカット。
あと、マズルも少しさっぱり目に。
水を飲むとびしょびしょになるあごの下も短くっと・・・。
で、写真のようになっちゃいました。
パパいわく「猿っぽくなった。」ですって。
え?『さるも』?
私的にはけっこう気に入ってるんですけど
そりゃね、近くでじっくり見たら


さっぱりしたふぇるもは『わるも』全開っ


猿っぽい?

何時間も経ってからパパがボソッと「今日は6,7千円節約したからなぁ」って。
「なんのこと?」ってきくと、「トリミング代。」だって。
あ、わたしトリミングしたのね。『トリミン・ん?ん?』って感じだけど。。。

category: ふぇるも

cm 4   tb 0   page top

4月21日(火)雨降りですね 

親子~
今日は雨でお散歩中止。
かわいそうだけど、明日はいいお天気になるらしいから1日ぐらいガマンしてもらいましょう。

お散歩のとき、こういう風にこの木にみんなを繫いで1頭ずつボール遊びとかをする。
昨日パティを遊ばせていた時、通りかかった若いカップルのお兄ちゃんの方がいきなり繫いであるワンたちのほうに寄って行って、アンジーやヴィヴィの顔の先にお尻をつきだした。
お姉ちゃんはそれを見て『なにやってるの~』とげらげら笑い転げていたけれど、お兄ちゃんは大真面目に「こうやると、犬は警戒を解いてくれるんだってヨー」って言って、顔を背けるアンジーたちの鼻先に一生懸命自分のお尻を突き出す。
確かに何年か前になにかのTV番組でそんなこと言ってた気がする。
でも、お尻出された犬たちは迷惑そうによけるばかりなのに、お兄ちゃんなかなかやめようとしない。
その内に犬たちが警戒してないと気付いたのか、ようやくお尻をやめて正面むいて頭をなでたりし始めた。
人懐っこいごるごるたちはそんなことしなくたって最初っからウェルカムだったのにさ

ちなみに写真に写ってるお兄ちゃんは話題の人とは関係ありません。

category: 日常

cm 2   tb 0   page top

4月18日(土)いつものアジ練 

ヴィヴィちゃんで~す

土曜日、いつものフィールドでアジ練。
メンバーもいつもの顔ぶれプラス新しい顔も。
20℃前後のさわやかな気候で人も犬も気持ちよく走れました。

はじめは13時からのヴィヴィとパパ。
ヴィヴィも途中ちょっと集中がそれる場面はあったものの、結構長いコースを走りきれるようになりました。コーチがその場の気分で(?)決めたコース???前半・後半に分けて練習するのでまだ何とかなるけれど、ヴィヴィの走ったAG1のコースは25障害ありました!!! 頑張ったぞヴィヴィ。
090418vivi

はちで~す
15時からのパティ、コースの流れそのものにあまり問題はなかったのだけど、ウォークの上りタッチを踏まないという問題がこのコースでは顕著に出てしまって、部分練習。
コースの流れや前の障害との絡みで自然に踏むときもあるけれど、このコースではどうしても跳んでしまう。くだりタッチの意識付けはできていても、上りの意識付けをあまりきちんとやってこなかったのがばればれですぅ。
090418patty

コース練の後はシーケンス練習。こちらもちょいと苦手な『先へ送り出す』パターンのハンドリングを練習。もともとあまりスピードがない上に、コース練の後だからさらにテンション低くてしかもサークルの狭いパティだからどうしてもこちらに寄ってきてしまってなかなか遠い側に送り出せない。ここも、コーチと走っておもちゃをいいタイミングで送り出したい方へ投げることで意識付けしていただきました。

基礎的なことがまだまだなペア。練習しなくっちゃ

category: アジ練

cm 2   tb 0   page top

4月14日(火)旅行の話 その6・タイの人編 

なんのパレードだったのかな?
このところ、不穏な話題で世界中の注目を集めてしまっているタイ、バンコク。
ほんの2週間前にあの場所にいたのに、あんな騒ぎになりそうな物騒な雰囲気は微塵も感じられなかったのに。。。
最近の報道の中でも伝えられているようにタイの人は争いごとや流血を嫌うので、できるだけ武力行使しないで解決しようとしていたようですが、今回は残念ながら随分物騒な事態になってしまったようです。

いろんな所にお寺があります。
タイは敬虔な仏教国で、穏やかな国民性。立派なお寺もたくさんあるけど上の写真のように街角のちょっとしたスペースにも(ここは伊勢丹デパートの前の広場)仏様(?)が祭ってあって毎日毎日お参りする人が絶えません。立ち止まらずに忙しく通り過ぎていく人も、歩きながら必ず手を合わせていきます。


突然のスコール
スパでマッサージをしてもらっていたら、突然のスコール。帰れなくて困っていたら受け付けのお姉さんが「タクシー呼ぶ?」って聞くのでホテルは近かったのだけどこの雨じゃとても歩けそうもないからと呼んでもらうことにした。電話で呼ぶとかじゃなくて雨の中に傘さして通るタクシーを捕まえようとしてくれたんだけど、なかなか空車が通らないとなると、傘に私を入れて「大通りに行ってタクシーを止めよう」と、雨の中に歩き出す。優しいお姉さんとしばし相合傘で歩いていたら大通りに出る前に、降りだしと同様突然に雨があがった。優しいお姉さんにお礼を言って、気持ちだけチップを渡そうとしたら、お姉さん『そんなつもりではない』と絶対に受け取ろうとしない。雨があがってどの建物からもわらわらと人が出てきてにぎわう通りで『渡す』『受け取らない』と、おねえさんと二人で大笑いしながらやり取りしたのがとても楽しい思い出となりました。こういうところが『またタイに行きたいな』って思っちゃうところなのかな。

トゥクトゥク
タイは、アジアの国々の中では珍しく、どこの国の植民地にもなったことがない。王制がうまくいっていて王様がとても人気がある。そんな背景がタイの人たちののどかさや優しさ、人の良さの理由なのかもしれません。

バンコクでのデモは鎮静化したとの報道がありました。デモのために地方から集まってきた人たちが帰省するために政府がバスを用意したとの報道も。まだまだ完全な終わりじゃないのかもだけど、
昨日から始まった『ソンクラン』というタイ暦の新年を祝う水掛け祭りも例年通り賑やかに行われているらしいし、一日も早く平和なタイにもどってほしいものです。

category: タイ旅行

cm 2   tb 0   page top

4月9日(木)旅行の話 その5・食べ物編 

タイでなんだかマンゴーしか食べてないかのようなレポをしてきたけど、そんなことはありません。
一人旅なのでちゃんとしたレストランには行かなかったんだけど、そんな私のつよーイ味方なシステムがタイにはあります。『クーポン食堂』。まあ、日本で言うところの『フードコート』かな。
フードコート

一番オーソドックスなシステムは、まず入り口で『クーポン(食券)』を購入。購入する金額は自由だけど、だいたい自分が使いそうな額を予想して少し多めに買う。残ったクーポンは当日中なら払い戻ししてくれます。紙の食券の代わりにカードにチャージする方式も。これも残ったら払い戻し。最近はおしゃれなフードコートでは先払いせずに入り口でもらうカードに使った分だけ記録されていって最後に出口で支払うという方式も出てきました。いずれにしても、広いスペースの周囲を食べ物屋さんのブースが取り囲んでいて真ん中が食べるスペース、日本のフードコートと違うのは各ブースで食べ物を買うのがキャッシュレスということ。小銭を数えたりおつりをもらったりする手間もないので便利。食べ物を買ってテーブルに運んで食べるまではセルフサービス、でも片付けは専用の係りの人がいて全部片付けてくれるので食べっぱなしでOK。


チキンライス
これは『カオマンガイ』。茹でたチキンと、その茹で汁で炊いたご飯と、スープ。シンプルだけどおいしい。タイの庶民食としてはかなりポピュラーです。

ソムタム
ソムタム♪
これは『ソムタム』という青パパイヤのサラダ。専用のすり鉢みたいなのに青パパイヤの千切りと唐辛子とミニトマト、ピーナツ、干しえび、いんげんなどを入れてすりこぎのような棒で叩いて作ります。注文すると目の前で作ってくれるので、唐辛子を入れるときはこちらに現物を示しながら「入れていいか?」と確認してくれます。味付けはあと、レモン系のすっぱい調味料と甘み、タイお得意の『すっぱ・辛・甘』です。生のキャベツを添えたりもします。これも毎食食べたいくらい好きなメニュー。
タイの食事処って、こんなファーストフード的なクーポン食堂でも手抜きがない。Mックなどのようなジャンクフードとは根本的に違う気がする。きちんと下ごしらえ、注文を受けてから仕上げの調理。味付けもけっして悪くないです。最終的にはソースや調味料など自分の好みで調整できるようにもなっています。

センミー
こちらは『センミー』という汁そば。麺が春雨のような、でも、もっと粘りがなくてあっさりしています。ラーメンみたいな麺もあって『バミー』といいます。もっと太い紐皮のような麺もあります。ガラスケースの中に見えている茹でる前の麺を指差しで指定して作ってもらいます。スープはお店によって違うのだけど、一緒に入れてもらう具はどの店も何種類かあります。

カレー♪
『カレー』もたくさん種類があって、グリーンカレーは一番好きなんだけど、このときは違うカレー。もう何カレーだったか忘れました。

こういうシステムがあるからタイは一人で行きやすいのかもです。
ちゃんとしたレストランかMックみたいな所しかなかったらかなり辛いだろうと思います。
今回は利用しなかったけど、屋台のご飯も利用することがあります。内容的にはフードコートも屋台も同じような物を売っています。値段は屋台の方が安い。といっても、フードコートでも料理1品50バーツ~60バーツぐらい、140円~170円ぐらいです。ちなみに前出のカオニャオマムアンは90バーツ。屋台で50バーツでした。食事メニューより高いのです。


タイでの食事は本当はタイスキ(なべ)がとても好きなのだけど、さすがに一人でなべの店に行く気にはなれませんでした。

category: タイ旅行

cm 0   tb 0   page top

4月8日(水)旅行の話 その4・変な物編 

パロディ、おふざけTシャツ
タイで出会う物って結構おもしろいセンスの物がたくさんある。
タイの人の気質を表しているようでおもしろい。上の写真、JJマーケットのTシャツ屋さんだけど、かなりきわどいのから笑える物まで、見ている分には楽しいTシャツがいっぱい。
・・・・・・
生真面目な人なら顔をしかめてしまうかも。


タクシーのドアです
こちらはタクシーのドア。なにやらひらがなが書いてあるのでよく見てみると『ありがとづ』となっている。?????。多分、見た目でまねをしたのだと思う。『う』が『づ』に見えたのかな?ちゃんと日本の文字を知っている人が作ったわけでないことがわかります。(ちなみに反射してよく見えないけど隣の絵はズボンを下げてお尻を出している絵。なぜ?)
同じようなのがこちら、
スソッパ?

英語でも、絵でも『スリッパ』がかいてあるから『スリッパ』だってわかるけど、なぜTシャツの図柄に『スリッパ』?日本では分からない感覚だよね。私たちも現地の人に『???』って思われてしまうような文字の入ったTシャツ着てしまってたりしてないか、気をつけないとね。
そういえば、前回バンコクに行った時には『○○高校陸上部』と漢字で書かれたTシャツを発見しました。どっから引っ張ってきたんだろうね~。


デパートとか気取ったお店では、日本で見るようなまじめなマネキンさんが働いて(?)いらっしゃるけど、市場とか、地元の人でにぎわうような商店とかではこんなファンキーなマネキンさんをよく見かけます。どこ見ているのか分からないようなうつろな目をしたマネキンさんより、こちらの方がよほど明るく楽しい気持ちにさせてくれます。日本でもこういうの使えばいいのにね。
やけにファンキーなマネキン


今回一人で果敢にチャレンジしたのがこの『GREEN TEA DRINk with Basil seed』
蛙の卵のようなこの粒々はバジルの種。無害な物だけど、意外なところでうっぷとなった。
タイでは、Green Teaが普通に甘い。それを忘れてこのドリンクを買ってしまったのは失敗でした。
うっぷ。
Basil Seedの食感はそれほどひどくなかったんだけど、Green Teaが完全に失敗でした。

見た目がすごいよね


category: タイ旅行

cm 2   tb 0   page top

4月6日(月)旅行の話 その3・市場編 

チャトチャック市場
バンコクには土日だけやる『ウィークエンドマーケット』といわれる市場があります。正確には『チャトチャック市場』。「チャ」はアルファベットでは「J」で表すので『JJマーケット』とも言われる。地元バンコクの人が家族連れで(個人レベルで)、あるいは商売の仕入れとして買い物にやってくるとてもにぎわっている市場。バンコクへの旅行を計画した時に、出来るだけ週末が入るようにするのはこの『JJマーケット』に行きたいため。今回は金曜日の出発だったのでばっちりでした。


ミニチュア屋さん
ミニチュア屋さん2
この市場、とっても広くて信じられないくらいたくさんの店がひしめいている。ありとあらゆるジャンルの物を取り扱っている。上の写真はタイの食べ物屋台をミニチュアで作った飾り物。日本人もだけどタイの人もこういう細かい作業得意みたい。

仔犬を売る店
犬の生体を扱う店もここ数年ですごく増えてしまいました。
この場所、とても蒸し暑くてわんこには辛い環境。
仔犬の商品価値をあげるために、しょっちゅうバケツの水につけてきれいに洗ってはドライヤーで乾かしたりしています。
まだ、犬を『生き物』というか『家族の一員』だとか『大切な存在』だという意識はないのかもしれません。商品なんですね、あくまでも。こういうのを見ると複雑な気持ちになってしまいます。もともと、野良犬も多くて、でもその野良犬を結構可愛がって食べ物を投げてやったりとかしているような、わりと犬好きの優しい国民性なんですよね、タイは。それが、純血種の小型犬などが流行って、「売れる」となったら大事な商品。扱う人にとっては、どれだけ高く売れるかが大事になってしまうのですね。
仔犬を売る店2

日本のペット産業もあんまりほめられた物じゃないけれど、タイはさらにそれよりずーっと遅れている感じがします。

こんなに狭い通路でもご商売。
間口1間かそれ以下ぐらいの狭い店がひしめき合っているJJマーケットだけど、こんな風に狭い通路をふさぎつつ、行商する人も。このおじさんは果物売りさん。タイでは食品を何でもビニール袋へ入れます。カットフルーツももちろんだけど、ジュースなどの液体もビニール袋。輪ゴムでぐるぐるってくちを閉じてホイ。ストローをさしてくれたりもします。


屋根のないところでも商売
外の大きい通路で物を売る人もいます。とにかくどんなところでも商売しちゃいます。

楽器を演奏する人
通路でパフォーマンスをする人もいます。結構上手なのから素人芸まで様々。この方たちはまあまあ聞ける方??写真を撮らせていただいたので、小銭を入れてきました。

楽器を売る店
楽器を売っている店もありました。出来ることならこの弦楽器、ひとつ買って帰りたい。金額的には1万円台ぐらいだから買えるんだけど、どうやって持ち帰るか考えるとね・・・・。


楽器を売る店2
以前バリ島にハマっていた頃、竹の木琴を買って帰ったことがあります。パパと一緒だったのでえっちらおっちら担いでもらって。でも、日本の冬が乾燥し過ぎててあっという間に竹が割れて使い物にならなくなっちゃいました。楽器はやっぱり難しいかも・・・。

フルーツがおいしそう
食べ物を売る店もいたるところにあります。『こんな所に?』とびっくりするような狭い狭間に食堂があったりもします。「タイに行くと、あの独特の香辛料のにおいがどこに行ってもしていて・・・」と言ってそれが苦手な人は閉口するようですが、確かにタイってやたらいろんなところで食べ物売っているし、そうじゃなくても店の売り子さんとかがたとえ洋服屋さんでも雑貨屋さんでも、食べ物を買ってきて店番しながら食べていたりすることも多々あるので、あらゆるところで食べ物の匂いがするのは間違いないですね。
私はその匂いがわりと好きな方なので苦になりませんが・・・・。


category: タイ旅行

cm 2   tb 0   page top

4月5日(日)お花見日和・OPDESアジ 

お花見日和のアジ
今日はまた、秋が瀬でのOPDESアジでした。
ようやくいいお天気の中での大会。
関東ではこの週末が一番のお花見日和となって、この公園も桜がたくさんあるので今日はお花見客の人たちもたくさんいました。

朝早かったのでちょっと眠かったけど、初めてOPDESにエントリーしたパパとVIVIのペアも頑張って完走しました。そして嬉しい付録つき。クラブのお友だちもたくさん活躍して楽しい会になりました。

ノービス1
ヴィヴィちゃんよりにっこりだったのは・・・


AG1
AG1の表彰


AG2
AG2の表彰


AG3
AG3の表彰


パティは前回に続き今回もCRできたので、次回からようやく3度にエントリーできます。
今日はそれがかかってたので、かなり緊張して慎重な走りになってしまいました。
何より嬉しいのは、ゴールした時に一緒に喜んでくれるお友達がたくさんいること。
ありがとう 



今日はしばらくお里帰りしていたふぇるもが帰ってきました。
一緒に過ごしていた同胎の姉妹たちと記念撮影も。
どれがふぇるもかわかる?

category: アジリティ

cm 2   tb 0   page top

4月3日(金)旅行の話 その2・マンゴー編 

カオニャオマムアン1日目
タイ(というか、暑い国)に来ると楽しみな食べ物のひとつがマンゴー。
上の写真はマンゴーにもち米を添えてココナツミルクをかけたもの。
『STICKY RICE WITH MANGO』と英語で表記されていることが多いけど、タイ語では『カオニャオ(もち米)マムアン(マンゴー)』という。「なぜもち米?」と不思議に思うかもしれないけど、タイではもち米を食事でもデザートでもよく食べる。


タイデザート
この写真はもち米に赤飯の小豆のような豆をかけてココナツミルクをタップリ注いだ物。
特に固有の名前はないと思う。というのは、タイのデザートのポピュラーなシステムで、目の前に並んでいる10種類ぐらいの単品素材から、指差しで選んで小鉢に盛り付けてもらう、というものだから。あ、もちろん単品それぞれには名前があると思うけど。

で、カオニャオマムアンに話はもどるけど、これを頼むとその場で丸ごとのマンゴーの皮をむいて切って皿に乗せ、もち米をビニール手袋した手で掴み取ってぎゅうぎゅう盛り付けてくれる。
店によってマンゴーはちょっとケチられることもあるけれど、ほとんどの場合丸1個。

カオニャオマムアン2日目
これは2日目に行った市場の露天で食べたカオニャオマムアン。
レストランだろうと露天だろうとこのデザートの質はあまり変わらない。


マンゴータンゴ3日目
こちらは3日目、もち米の代わりにマンゴーアイスとマンゴープリンがセットになった『マンゴータンゴ』なるデザート。これはランチ。

カオニャオマムアン3日目
その日の夕ご飯のデザート。これはマンゴーももち米も量がひかえめ。

カオニャオマムアン4日目
4日目の・・・

ここまで来たら、最終日にも意地でも食べなくちゃ、というわけで・・・・・。
カオニャオマムアン5日目


category: タイ旅行

cm 2   tb 0   page top

4月2日(木)旅行の話 その1・ホテル編 

今回のホテルの部屋①
今回旅行したのはタイ王国の首都バンコク。
バンコクに行くのはたぶん8回目、一人で行くのは2回目。
泊まったホテルは去年オープンしたばかりの新しいホテル。
J○Bとか、Kツリとか、大手旅行社ではまだ取り扱っていないので日本人客には全く出会わなかった。
うちがいつもタイに行く時にお世話になっている旅行会社、タイ航空が関係している会社でタイ旅行専門。なのでいち早くこのホテルも取り扱ったのかもしれないのだけど、タイのホテルは新しくオープンするとしばらくは宣伝のためにとてもお得なプロモーションを組んだりするので、このホテルも多分定価より大分お安く提供されたのだと思う。飛行機のチケットとホテルと往復の送迎という基本的なセットのみのツアーで代金が設定されているので、何がいくらかかっているのか詳しくは分からない。でも、こういうツアーの方がエアとホテルと別々に手配するよりもずっと安いことが多い。

上の写真が4泊した部屋。広くはないけれど、一人で使うには十分すぎるほど。
ベッドも一人なのでツインよりはダブルの方が無駄がない気がします。このベッド、横に寝ても私ならつま先からバンザイした手の先まで収まるくらい幅もあります。一人には広すぎ。さんごるふぇるが一緒でも余裕なのになー。
ホテルの部屋②
くつろげる椅子と、書き物が出来るデスクがあるのでとても便利。
旅行に出るとまめにノートに日記を書く。
デスクがないときはベッドに寝転んで書いたりするんだけど、だんだん体勢がきつくなる。
1日に小さいノートだけど4~8ページぐらい書くのでデスクはありがたいです。

ホテルの部屋③
バスルーム。バスタブとシャワーブースが別々になっているのは便利。
バスタブの向こうの窓は、ベッドの頭のところの窓。

窓からの眺め
窓からの眺めはまあまあ。この部屋は32階。
このホテル自体、ワールドトレードセンターのビルにあってフロント・ロビーが23階、レストランが24階、プール・テニスコートが26階なので客室はそれより上の階。一番上は55階なので私の部屋は下の方!!

朝食①
朝食は24階のレストランで。
広くて、品数もあるようだけど食べたい物はあまりなかった。
この規模のホテルとしては朝食のレベルは低いです。

エピソード1
3回目の朝ご飯の時、隣のテーブルに中国人かと思われる大柄のおっちゃんが二人来た。
大声で話すしテーブルにひじついて食べてお行儀悪~い。
さわやかな朝がぶちこわし、とちょっとむかついていたところへさらにおっちゃんが2名追加。
騒音レベルはさらにアップ。
『今朝はついてない』とあきらめかけてた時、おばちゃんが一人登場。4人掛けの席にはもう座る椅子はない。そのおばちゃん、私のテーブルとの間の狭い通路に立って4人のおっちゃんとしゃべりだした。『ちょっとした立ち話ですぐに他へ行っちゃうんだろう』とたかをくくっていたら何分たってもおしゃべりが終わる様子はない。自分が席を変えてもらう手もあったのだけど、ホテルのレストランのマナーとしてはあまりにもひどすぎるから私がガマンすることはないと、はっきり自己主張することに。
はす向かいにいたおっちゃんの目をキッと見据えて
「うるさいんだよ。食事中だよ。いいかげんにしてよ。」と日本語で静かにハッキリと言った。言葉は多分何一つ理解できてないと思うけど、感情や雰囲気は驚くほど伝わる。声を荒げたわけでもないし立ち上がったわけでもないけど、隣はスッと静かになった。おばちゃんはそそっと自分の連れのテーブルへと去って行ったし4人のおっちゃんの騒音レベルも最初の30%ぐらいにダウン。『やればできるんじゃん、最初から静かにしゃべれよ』とは口に出して言わなかったけどね。

朝食③

category: タイ旅行

cm 0   tb 0   page top

4月1日(水)復帰! 

無事に帰ってきましたー
本日朝8時20分、無事に日本に帰ってきました。
家には10時ごろ到着。
さんごるとはぐはぐ大会した後、荷物の片付けや洗濯して、昼にパパが帰ってきてお昼ご飯してから、死んだように3時間ほど寝たら復活。

この5日間、ほとんどおしゃべりをしていなかったので、弾丸のようにしゃべりたい気分。
往きの飛行機に乗ってから、帰国して入国審査官と話するまで(120時間)一度も日本人と接触がなかったので・・・。楽しく外国人の方とおしゃべりできるほど語学力もないしね。

旅のことを少しずつアップしたいな、と思いますが今日はとりあえず『ただいまー!』のご挨拶。

category: お出かけ

cm 4   tb 0   page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

Poodle時計(Red)

today's words